信州読書会 書評と備忘録

世界文学・純文学・ノンフィクションの書評と映画の感想です。長野市では毎週土曜日に読書会を行っています。 スカイプで読書会を行っています。詳しくはこちら → 『信州読書会』 
Facebookページ
『信州読書会』 
YouTubeチャンネル
YouTubeチャンネル「信州読書会」
*メールアドレス
名前

 

2013年07月25日

みずうみ・人形つかい シュトルム 角川文庫


sponsored link





みずうみ・人形つかい (1968年) (角川文庫)



★「人形つかい」あらすじ
両親に大切に育てられた職人の息子がパウルは、
興行にやって来た人形劇の旅芸人の娘リーザイとつかのまの友達になる。
彼は、人形のカスペルルに魅了され、無理にリーザイに頼んで
見せて貰うが、勢い余って人形を壊してしまい、公演に支障を与えてしまう。


大人に叱られないためにふたりは劇場の地下の空箱の中で一夜をともにする。
(このシーンは途方もなく美しい。)
大人たちは彼らを探し出して寛大に許し、カスペルルは無事に修理される。



12年後徒弟修業中のパウルは、とある街で泣き叫ぶリーザイと再会する。


リーザイの父ヨーゼフが泥棒の濡れ衣を着せられて入獄させられていたのだ。
パウルは彼らを助け、旅芸人から廃業させ、身寄りのないリーザイを妻として
彼女の父とともに故郷に迎え幸福な生活を営む。
ヨーゼフは、人形劇への未練を捨てられず、
ある日再び興行を打つが、ならず者に邪魔されて失敗し、失意の中で亡くなる。


人形劇をとおして、さまざまな感傷的な物語が語られる。
エピソードは、家庭的な愛情に包まれていて、すべてが切なくなるほどに美しい。


周囲の期待感と別れ予感の中で暮せない旅芸人の刹那の輝きがよく表現されている。
旅芸人を敢えて妻に迎えて、世間の偏見に立ち向かいながら
幸福な生活を築き上げるパウルの勇気が感動的だ。


市民社会のささやかな幸福を追求した名作。かなりお薦め。
絶版だが、古本屋の入り口の棚あたりにて50円ぐらいで売られていると思う。
士郎正宗原作 押井守監督の劇場アニメ『イノセンス 』とは何の関係もない。あしからず。

sponsored link





posted by 信州読書会 宮澤 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。