信州読書会 書評と備忘録

世界文学・純文学・ノンフィクションの書評と映画の感想です。長野市では毎週土曜日に読書会を行っています。 スカイプで読書会を行っています。詳しくはこちら → 『信州読書会』 
Facebookページ
『信州読書会』 
YouTubeチャンネル
YouTubeチャンネル「信州読書会」
*メールアドレス
名前

 

2013年06月15日

朝霧 青電車 その他 永井龍男 講談社文芸文庫

sponsored link







★「朝霧」あらすじ
学生時代の友人の父君X氏。
彼の耄碌よる奇矯な行動を描く。


★感想
戦争前の東京の光景が描かれている。
X氏は、元教員。今は退職している。

すべての教え子のみならず、
彼らの近所に住む人のことまで、
名簿によって憶えている。

よって、彼らが死ぬと面識がなくても葬式に出かける。
そのため葬式爺さんと陰で呼ばれている。
生活上の秩序を重んじ、それが乱れると狼狽する。


要するに、もう現実と幻想の境がなくなるまで耄碌している。
その様子をふんだんなエピソードで読ませる


永井龍男の、40代の作品。
まだ初期の作品なので『青梅雨』の諸作品より
切れ味は鈍い気がする。

朝霧・青電車その他 (講談社文芸文庫)


sponsored link




posted by 信州読書会 宮澤 at 14:03| Comment(0) | 日本文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。