信州読書会 書評と備忘録

世界文学・純文学・ノンフィクションの書評と映画の感想です。長野市では毎週土曜日に読書会を行っています。 スカイプで読書会を行っています。詳しくはこちら → 『信州読書会』 
Facebookページ
『信州読書会』 
YouTubeチャンネル
YouTubeチャンネル「信州読書会」
*メールアドレス
名前

 

2013年06月11日

ギリシア悲劇〈1〉所収 アガメムノーン アイスキュロス ちくま文庫

sponsored link






★あらすじ
トロイアのイーリオンに攻め込むため船を出したギリシア王アガメムノーンは


嵐に襲われ、愛娘のイーピゲネイアを生贄に捧げる。
イーリオンが滅んだ情報は、花火のリレーによって
故国にいるアガメムノーンの妃クリュタイメーストラに伝わる。


(このシーンはめちゃめちゃ美しい。)
(個人的にはマルローの『希望』の冒頭のスペイン人民戦線による
電話連絡のシーンを思い出してしまった。)


凱旋したアガメムノーンが連れてきたイーリオンの王女カッサンドラーは、
アガメムノーンに使える長老のコロスたちの前で、完全に狂った預言者となる。



おっおっおっおぃ、ぽ、ぽぃ、だぁ。おぉポローン、おぉポローン!
こういうわけのわからないセリフを吐き出す。
(ギリシア時代、ディオニュソース劇場でこれがセリフとして存在したことはヤバい。)



そして、カッサンドラーは狂気の中でアガメムノーンの父アトレウスが、
妻を寝取った弟のテュエステースへ仕返しとして
テュエステースの子供ふたりの人肉を喰わせると言う凶行を行い
その因果でアガメムノーンは殺されると予言する。


愛娘がアガメムノーンに殺されたと知り狂ったクリュタイメーストラは、
テュエステースの焼肉にされるのを逃れた第三子アイギストスとともに
アガメムノーンに復讐し、彼を編み目と同じくらい細かく切りつけ、殺す。
(ちなみにクリュタイメーストラとアイギストスは不倫関係にあった。)



この世の残虐と思える行為がすべて描かれている。
この時代の戦争は、敗北した国の兵士をすべて奴隷にし
女子供を容赦なく陵辱にするというトンデモナイことが当たり前なのである。



アガメムノーンの行った残虐行為が、すべての人間を狂気に陥れるが、
原因のアガメムノーンの血もすでに
親アトレウスの代の残虐行為によって呪われている。


地獄である。



戦争が悪いとかいう前に、想像を越えた地獄が展開されている。
とんでもないものを読まされたという動揺が今なお治まらない。
作り物とは思えない狂いっぷりが描かれている。

とくにカッサンドラーとクリュタイメーストラは
重度の麻薬中毒者としか思えない。悲劇の中で完全に理性を失っている。
こんなヤバイ人物をほかの作品で見たことがない。ハムレットですら可愛く思える。



アガメムノーンの仇討ちは、以前紹介したラシーヌの『アンドロマック』で
トホホな役柄だったオレスト(オレステース)が行う。
(オレストはアガメムノーンの子)
そのオレストの仇討ちの模様は、アイスキュロスの『コエーポロイ』で語られる。


生贄になったイーピゲネイアが実は生きていたという構想で
エウリピデスは『タウリケーのイーピゲネイア』を創作している。
オレストによる仇討ち譚は、ホメロスの『オデュッセイア』の重要な伏線となる。



ギリシア悲劇は、登場人物が別の作者によって語り継がれ
次々と物語が連鎖するので、読み始めると中毒になることが初めてわかった。


私は、完全にギリシア悲劇の中毒になりました。


ギリシア悲劇〈1〉アイスキュロス (ちくま文庫)


sponsored link


posted by 信州読書会 宮澤 at 11:08| Comment(0) | ギリシア古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。