信州読書会 書評と備忘録

世界文学・純文学・ノンフィクションの書評と映画の感想です。長野市では毎週土曜日に読書会を行っています。 スカイプで読書会を行っています。詳しくはこちら → 『信州読書会』 
Facebookページ
『信州読書会』 
YouTubeチャンネル
YouTubeチャンネル「信州読書会」
*メールアドレス
名前

 

2013年06月10日

猫と庄造と二人のおんな 谷崎潤一郎 新潮文庫


sponsored link







リリーという雌猫をめぐる男と女ふたりの感情生活を描いた中篇。


文学作品に登場する猫といえばやはり『吾輩は猫である 』が有名だが
私のお気に入りの猫は、内田百閧フ『ノラや 』の主人公ノラと
亡命三部作でセリーヌと逃避行をともにする猫のベベールである。
(リリーとかベベールという名前は猫のくせにグッとくるものがある。)



子のいない家庭で猫を飼っている中年夫婦は意外と多い。
猫を溺愛する男は異常なさみしがり屋で金銭管理が甘く
その上、酒好きが昂じて、糖尿病の気があると私は睨んでいる。(かなり偏見か?)


また、水商売の女性や婚期の遅れた女性が猫と一緒に独り暮らししているのは、
恋愛のトラウマや性格上の欠陥を連想させて、ハラハラさせる。


残念ながら私は重度の猫アレルギーで、猫と同じ屋根の下にいると
涙と鼻水と痒みに襲われて死にそうになるので猫を飼えないが、
犬か猫、どちらを飼うか迫られたらといえば猫を飼いたい。



ファシスト作家ドリュ・ラ・ロシェルが背広姿で椅子に座って
葉巻を燻らしながら、シャム猫をなでている写真があり
それがカッコよかったというどうでもいい理由だが・・・。


この独立心の強い気まぐれな生物は、人間社会強烈な支持者を持っている。
自分の周りで猫が好きな人を想像すると、みんなへんな人ばかりである。


この小説の主人公の庄造は、リリーという猫の屁の匂いまでも愛する男である。



庄造は最初の妻との不和になるが、その妻は冷え性で猫のほうが温かくて
気持よかったので妻への愛が疎かになり、妻がリリーに嫉妬して関係がこじれたのである。


そして次の妻もリリーに嫉妬しはじめたので、
庄造は譲ってくれと頼んできた前妻にリリーを預けてしまう。
それは、庄造への未練をたちきれない前妻の陽動作戦だったのだ。


小説の幕切れは大谷崎にしては中途半端であるが、リリーの魔性を堪能できる作品。お薦め。


猫と庄造と二人のおんな (新潮文庫)

sponsored link




ラベル:谷崎潤一郎
posted by 信州読書会 宮澤 at 13:34| Comment(0) | 日本文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。